ホーム > 読み障害, 読み上げ, 携帯電話 > メールなど画面内容をすべて読み上げてくれる携帯電話

メールなど画面内容をすべて読み上げてくれる携帯電話

視覚障害者の世界では誰もが知っていることになってきていますが,読み書き障害の世界ではあまり知られていないかもしれないと思い,テキスト読み上げ機能のある携帯電話のご紹介です。

ドコモから発売されている「らくらくホン」シリーズには,すべての機種に読み上げ機能が標準搭載されています。文字が読めなくても,携帯電話がメールや画面の操作項目などを,すべて音声で読み上げてくれます。

視覚障害者向け,として開発された携帯電話ですが,ディスレクシアなど読みに困難のある人々にとって役立つものです。

それから「詳細読み」といって,文字入力をするときに例えば「発達」と入力したとき,「はったつのハツ,そくたつのタツ」と読み上げて,漢字が正しいかどうかの手がかりを示すといった機能もあります。

ドコモのらくらくホンのサイトは以下にあります。らくらくホンシリーズには高機能なものから簡易版までいくつものラインナップがありますが,すべてに読み上げ機能があります。

NTTドコモ:らくらくホン
http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/easy_phone/

以下の総務省のサイト(NICT内,情報バリアフリーのための情報提供サイト)には,らくらくホンの解説記事が掲載されていますので参考にしてみてください。

「らくらくホン」は、音声読み上げ機能がついたユニバーサルデザインの携帯電話です
http://barrierfree.nict.go.jp/topic/service/20090309/

初期のころはメール作成時の文字は読めなかったり、メニューも一部だったりというスモールスタートでした。今では画面や、iモードの中に表示されるインターネットのコンテンツも読み上げますし、メール作成などの文字入力の時には漢字変換の詳細読みの対応もしています。毎回、視覚に障がいをお持ちのお客さまからいただいた要望をなるべく反映させていただく形で、少しずつですが機能の改善を進めて今に至っています。

http://barrierfree.nict.go.jp/topic/service/20090309/page3.html

読み書き障害のある人で,試してみた方はご意見聞かせてくださいね。

広告
  1. Kondo
    2011年 1月 23日 10:47 am

    検索エンジンからのこのページへのアクセスがとても多いので,付記しておきます。iPhoneにも「VoiceOver」と呼ばれる画面の内容をすべて音声として読み上げるアクセシビリティ機能が標準で備わっています。ホームボタンを三回連続クリックする動作でVoiceOverのオンオフを切り替えるように設定することも出来ます。とはいえ,iPhoneはタッチパネル操作なので,視覚障害のある人の場合には画面に表示されたボタンや文字列などのうち,現在触っている部分と読み上げられている音声の対応が把握しにくいという特徴があります。そのため,一般的な携帯電話のキー(物理的なボタン)を押して操作するらくらくホンの方が,使い方の習得がしやすいという評判を当事者から聞きます。しかし,弱視や読み障害(ディスレクシア)の場合など,画面のサイズが大きいのでその分文字サイズを大きく設定できたり,読みを支援する以外にもいろいろな困難を支援するアプリケーションが入手できたりと,iPhoneが便利だと感じられることも多いと思います。実際に使い勝手を試してみて,どちらが自分に合っているだろうかと考えることも楽しい作業になると思います。

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。