ホーム > パワーポイント > PowerPointのスライドに録音した音声を追加する方法

PowerPointのスライドに録音した音声を追加する方法

PowerPointを特別支援教育に使う際,録音した先生や生徒の声など,何らかの音をスライド上の部品(オブジェクト)に貼り付けて使用することは非常によく行う作業となります。その際,音を録音し,パソコン上で使える形式にして保存してあげる必要がありますが,手近なパソコンで音声を録音するには,Windowsに標準で備わっている「サウンドレコーダー」を使って録音するのが手軽です。

今回の記事では,その録音した音声をスライド上のオブジェクトをクリックしたときに再生するよう設定する手順を以下に書いておきました。参考にしてください。

また,Windows Vista以降のOSを使っておられる方から,「Windows標準のサウンドレコーダーで録音した音声を,パワーポイントの効果音として指定できないがどうすれば良いか?」という質問を受けることがあります。これは,Vista以降に標準添付されているサウンドレコーダーでは,WAV形式での録音ができなくなったことが原因です(余談ですが,ATACカンファレンス2009の私が担当したプリカンファで,実際にWindows VistaマシンとPowerPoint2007を使ってVOCAスライドを作る実習をしていたときにも,この問題に直面しましたね・・・!)。この回避方法を,2つほど後半に書いておきました。

<PowerPointスライドへの録音音声の追加>

PowerPoint2003でオブジェクト(写真や基本図形など)をクリックしたときに,録音したWAVファイルを再生するように設定する手順は以下の通りです。

1)目的の部品(オブジェクト)をクリックし,選択状態にした上で,メニューの「スライドショー (D) 」→「オブジェクトの動作設定(A)」または,そのオブジェクトを右クリック→「オブジェクトの動作設定 (A) 」をクリックする

2)すると「オブジェクトの動作設定」の小さな画面(ダイヤログ)が表示されます。

3)そのダイヤログのうち,「マウスのクリック」というタブの一番下にある「サウンドの再生 (P):」のチェックボックスをクリックし,チェックを付けます。

4)その下のリスト(ドロップダウンリスト)の右端の逆三角をクリックして現れる選択肢の一番下,「その他のサウンド」をクリックします。

「オブジェクトの動作設定」画面ダイアログ画像

5)すると,WAVファイルを選択するダイヤログが現れるので,そこで録音したWAVファイルを指定してください。

6)以上の作業が終わった状態で,スライドショーを実行すると,その部品をクリックしたときに,指定したWAVファイルの音声が再生されます。

<Widows標準のサウンドレコーダーで録音した音声を使用する際のトラブルとその回避方法>

PowerPoint2003や2007で,オブジェクトをクリックしたときに再生される音声として指定可能なファイル形式は,「WAV」と呼ばれる形式です。しかし,Windows Vista以降,標準添付のサウンドレコーダーでは,WAV形式の音声ファイルで保存することができなくなってしまいました。Windows 2000やXPではWAV形式に対応していますが,Windows Vistaや7のサウンドレコーダーでは,「WMA」形式の音声ファイルでの録音のみの対応になってしまいました。PowerPoint2003や2007では,オブジェクトをクリックしたときに再生される音声として,残念ながらWMAを指定することができません。

そこで,WMA形式からWAV形式への変換という作業が必要になります。変換には,フリーウェアとして公開されている,「DARU/ Sound-Decorder!」を使用します。この手のファイル形式変換ソフトはたくさん公開されているのですが,いくつか試してみたところ,このソフトが一番シンプルで使いやすいと思いました。

DARU/ Sound-Decorder!
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/art/se301159.html

上記のURLへ行き,ファイルをダウンロードして解凍すると,「dsdec」というフォルダができます。この中に入っている「dsdec.exe」を起動すると,以下のような画面が表示されます。

DARU/SoundDecorderの画面サンプル画像

あとは,Windows Vistaまたは7の「サウンドレコーダー」で録音した音声ファイルを「変換ファイルリスト」のところに直接ドラッグアンドドロップし,「変換開始」ボタンを押せば,その音声ファイルと同じ場所に,変換されたWAVファイルが保存されます。

または,最初からWindowsのサウンドレコーダーを使わずに,別のソフトを使って音声を録音することも可能です。以下のフリーソフトを使えば,録音した音声をWAV形式で保存できます。このソフトも,いくつか録音ソフトを試してみて,一番シンプルで使いやすいと感じたソフトです。

PetitRec
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se246059.html

PetitRecの画面サンプル画像

上記のようなシンプルな操作画面で,赤い丸「」をクリックして録音準備状態にし,再生ボタンを押すと録音が始まります。停止ボタンで録音を終えます。それから,メニューの「ファイル (F) 」で録音したファイルをWAV形式にて保存してください。

以上

広告
カテゴリー:パワーポイント
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。