ホーム > イベント告知等 > 大阪医科大LDセンター講演会

大阪医科大LDセンター講演会

帰国後,慌ただしい毎日を過ごしています。
以下のような講演会が開催されます。私も話題提供の機会をいただきました。
ご関心おありの方はぜひどうぞ。

————————————————————
発達障害のある人の青年期を支える最新の動向
(1)わが国における大学入試と発達障害
(2)支援技術を使って学習する~日米比較~
http://www.osaka-med.ac.jp/deps/ldc/110529.pdf

2010 年度の大学センター入試では、発達障害の診断などがある生徒に対して、
初めて配慮が適用されました。この制度の確立にご尽力されたのが
上野先生です。上野先生からは、センター入試の最初の状況について
お話しいただき、この制度を活用していくために、中学高校ではどのような
ことが求められるのか、具体的にお話しいただきます。
近藤先生は2011 年3 月末までワシントン大学に客員研究員として所属され、
アメリカでの支援技術について研究されていました。近藤先生からは、
初等中等教育および高等教育、またその移行期における教育場面での
支援技術利用と合理的配慮のあり方について、日米の比較からお話し
いただきます。特に読み書きに障害のある生徒および学生への支援技術利用
について、紹介してくださいます。

日時: 2011 年5 月29 日(日) 13:30~16:30 (受付開始13:00)
会場: 大阪医科大学 新講義実習棟1 階
対象: 指導者 検査担当者など

講師
上野 一彦 先生 (日本LD学会理事長、特別支援教育士資格認定協会副理事長、
大学入試センター特任教授、東京学芸大学名誉教授)
近藤 武夫 先生(東京大学先端科学技術研究センター人間支援工学分野特任講師)

対象:発達障害児の指導をされている教員・指導者 定員:130 名
参加費: 3,000 円
申し込み方法
裏面の用紙を用いてFAX でお申し込みください。
申し込み受付期間
3 月13 日~5 月20 日
FAX 送付先
大阪医科大学LD センター
FAX:072-684-6236
阪急電車をご利用の場合:
阪急京都線高槻市駅(特急停車駅) 下車3分
定員を超えたために、ご参加いただけない場合にのみ、センターより連絡いたします。
ご参加いただける場合にはこちらから連絡をすることはありませんので、そのまま、
講演会におこしください。
——————————————————————————
大阪医科大LDセンターの年間講演会・研修会予定はこちら
http://www.osaka-med.ac.jp/deps/ldc/page008.html

広告
カテゴリー:イベント告知等
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。