アーカイブ

Archive for the ‘学生支援’ Category

高等教育と障害:全国協議会設立準備大会のお知らせ

2013年 10月 8日 コメントをどうぞ

ブログの方,大変ご無沙汰してしまっています。イベント紹介の時にたまーに書くようではいかんなと思いつつも,イベントの紹介です!

三年後の障害者差別解消法施行の準備という目的もあり,以下のような全国協議会の発足に向けた会が開かれることになりました。一般公開されますので,このテーマにご関心おありの方々のご来場を心よりお待ちしております。

以下,転送自由です。

ーー<ここから>ーー

「高等教育における障害学生支援に関する全国協議会(仮称)」
設立準備大会のお知らせ

概要:
高等教育での障害学生支援が全国的に広がりつつあります。大学の国際化
と多様化を考える上で,障害学生に対する合理的配慮やその他の支援は,
大学にとって重要なテーマの一つとなっています。

加えて,今年6月の障害者差別解消法の成立により,3年後の4月から,
障害学生への合理的配慮を行うことが国公立大学では義務化,私立大学で
は努力義務化されます。本大会は,全国の障害学生支援の取り組みを行っ
ている大学による協議会の設立を目指すものです(協議会の発起人となる
大学名を当日公開いたします。全国の国公私立大学から40校程度の参加
となる予定です)。

会の後半では,全米の大学が加入する協議会AHEADから,会長である
Scott Lissner氏を招き,米国での障害学生に対する支援の実際について
お話を伺います。米国では,障害者差別禁止法により差別の禁止と合理的
配慮の提供が義務化されています。AHEADは,高等教育における障害
学生への合理的配慮の担当者が多数参加する協議会です。

本大会は,障害のある人々の大学進学や,高等教育での障害学生支援に
関心をお持ちの方々を対象に,広く一般公開いたします。多くの方々に
ご来場いただけましたら幸いです。

続きを読む…

広告

DO-IT Japan2012 障害のある児童生徒・学生の進学を考える公開シンポジウム

2012年 7月 31日 コメントをどうぞ

今年もDO-IT Japan夏季プログラム期間最終日の8月4日,公開シンポジウムを開くことになりました。今年も障害学生の進学とキャリア育成に関する議論が中心となりますが,いくつか進展があります。

今年は文科省の高等教育局でも,ついに「障害」と名がつく委員会が作られました。これまでは,初等中等教育局にしか,障害や特別支援教育と名がつく部署はなかったのです。権利条約の批准と合理的配慮の提供のあり方を議論する必要性の高まりが背景にあります。日本もついにと思うと,本当に感慨ひとしおです。私も委員として参加させていただいていて,他の委員の皆さんの知識やご経験はもちろん,やる気や熱意の高さも素晴らしいと感じます。

高等教育から就労へ向けて,さらにメインストリーミングされた移行支援が必要になってくるでしょう。今年のテーマには,大学や入試での支援の現状に加えて,「試験の本質を考える」というテーマもあります。合理的配慮を考える上で,何が「合理的」なのかを決めるためには,その試験が問おうとしている本質は何なのかを避けては通れないためです。これらの議論を通じて,障害のある人もない人も「共に学び,働き,暮らす」社会について考えられたらと思います。


DO-IT Japan 2012 夏季プログラム特別企画
一般公開シンポジウムのお知らせ(転載自由)

<開催情報>

日時:2012年8月4日(土)13:30~17:00
場所:東京都目黒区駒場4丁目6番1号
東京大学先端科学技術研究センター
3号館南棟大ホール(一般公開シンポジウム)
4号館2階講堂(交流会)
地図:http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/maps/index.html
参加予約:必要(後述の「お問い合わせ・参加申し込み」をご参照ください)
参加費:無料(交流会参加者のみ軽食費千円を当日懇親会会場にて申し受けます)
※当日の会場には要約筆記による情報保障あり,車いすでの会場への入場可能
続きを読む…

大学の障害学生支援室は書籍を電子的に複製する権利があるか?

2011年 1月 21日 7件のコメント

 表題の件について,ある大学の障害学生支援室関係者より質問を受けたので,「大学の障害学生支援室の行う支援と著作権」のみについてここにまとめておきます(初等中等教育の教科書に限っては,教科書バリアフリー法があるのでまた別の議論となります)。 続きを読む…

【研究協力校募集】「魔法のふでばこ」プロジェクト

2011年 1月 14日 コメントをどうぞ

東大先端研とソフトバンクの共同研究の件で,研究協力していただける特別支援学校を募集しています。ご関心お持ちの方は,ぜひ下記の「魔法のふでばこ」プロジェクトのウェブページをご覧の上,事務局(e-AT利用促進協会)までご連絡ください。締め切りは1月末です。

障がい児向け情報端末活用事例研究「魔法のふでばこ」プロジェクト

★ 研究協力校を募集し、iPadを無償で貸し出します。 続きを読む…

文部科学省障害学生受入促進研究委託事業・高大連携シンポジウム

2011年 1月 12日 コメントをどうぞ

以下の様なシンポジウムが開かれます。我々のグループ(東大先端研)からも,主に障害学生の受験とその配慮に絞った話題提供を予定しています。1月21日締め切りの参加申し込みが必要です。詳細は以下のURLをご覧ください。

—–
文部科学省障害学生受入促進研究委託事業 高大連携シンポジウム 開催ご案内
http://www.jasso.go.jp/tokubetsu_shien/koudairenkei.html#shinpo
続きを読む…

ハワイ大学マノア校訪問&今年も宜しくお願いします

2011年 1月 12日 コメントをどうぞ

あけましておめでとうございます。今年もどうぞ宜しくお願いします。

さて,新春は3日から,ホノルルで開かれた Hawaii International Conference on Educationに参加して,日米の高等教育に関する政府統計情報から読み取れる障害学生支援の状況について発表してきました。フィリピンやカリブの人たちなど,多様な国からの発表者が来ていて,そうした国の人々とのつながりができる良い機会となりました。 続きを読む…

カテゴリー:その他, UW, 学生支援

今年役立ったツール2010

2010年 12月 29日 コメントをどうぞ

 さて,この一年の記事を振り返ってみると,今年は便利なツール紹介をブログでほとんどやっていないことに気づきました。そこで,この一年を過ごす中で,私自身の日々の仕事のために役立ったツールをまとめておきたいと思います。どなたかの参考になることがあれば嬉しいです。私自身,ひとつのことに注目しているとほかのことが目に入りにくくなるなど,動機付けをやるべきことに振り向けることが苦手だったり,見過ごしや見落としが多くなりがちな特性があると感じています。しかし,こうしたツールを活用することで,そうした特性があまり問題にならなかったり,良い方向に向けて強みとすることができると思っています。年末らしく順位を付けてみます。主観的に助けられた順です。まずは10位から。 続きを読む…